So-net無料ブログ作成

[映画] 「隠し子疑惑」チャン・イーモウ監督、女優コン・リーが元恋人を擁護―中国 [情報]

こんにちは。

映画の最新情報を公開します。

2013年11月29日、中国の女優コン・リー(鞏俐)が北京市で、ファッションブランド主催のイベントに出席。かつてパートナーだったチャン・イーモウ(張芸謀)監督の「一人っ子政策違反」疑惑を語った。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

29日、コン・リーがルイ・ヴィトン主催のイベントに登場。1987年の映画「紅いコーリャン」で、当時は映画大学の女子大生だったコン・リーをヒロインに抜てきしたのが中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督だ。当時のチャン監督は既婚者だったが、2人は恋愛関係になり、約8年間の交際を経て破局。その間に監督は、彼女をヒロインにした映画7本を製作。中国きっての国際派女優に育て上げた。その後、 06年の映画「王妃の紋章」で11年ぶりにチャン監督作品に出演。そして現在、監督の最新作となる「帰来」を北京で撮影中だ。

チャン監督はここ半年、「一人っ子政策違反」疑惑で世間の注目を一身に集めている。少なくとも7人の子持ちとされ、巨額の罰金も伝えられるが、計画生育局からはいつまでたっても調査結果が報告されず。有名人への「特別待遇」では?と世間の不満が高まっている。

チャン監督の疑惑についてマイクを向けられたコン・リーは、現夫人とされる陳[女亭](チェン・ティン)さんについて、「会ったことないわ」とコメント。「帰来」のロケでは、家族の現場見舞いは禁止されているため、チェンさんの姿を「見たことがない」と語った。

さらにチャン監督についてのコメントを求める記者に対し、「知らないわ」「分からない」と繰り返し、元恋人を擁護する構えを見せたコン・リー。監督の現況について、「とてもご機嫌な様子よ」と、世間の非難に対して特に動揺していないことを語っている。(翻訳・編集/Mathilda)
(この記事はアジア・韓流(Record China)から引用させて頂きました)

以上、映画最新情報でした。。。(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

☟コッチもオヌヌメ( ̄ー+ ̄)キラリ

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記 DVD Vol.1(DVD)

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記 DVD Vol.1(DVD)




nice!(0) 

nice! 0

外為@FXの真骨頂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。